自分たちの葡萄でワインを作りたい

concept

自園自醸ワイン紫波は岩手県盛岡市から南に位置する紫波(しわ)町で、地域の農家の栽培した良質な葡萄を使用し[自園]、町内のワイナリーで醸造[自醸]する[自園自醸]をスタイルにワイン生産をおこなっています。

自園自醸ワイン紫波ワイナリーは長年葡萄栽培に携わっていた紫波町の農家のワイン造りへの想いが始まりでした。そんな私たちが目指すのは、この岩手紫波の土地を感じる日本ワインです。栽培から醸造、熟成にいたるまで、すべてに手間をかけ、この土地に根差したワインをお届けします。> MORE

定番のワインから希少な限定醸造ワインやノンアルコール「紫波町のぶどうジュース」、また贈答用ギフトなど岩手から全国へお届けいたします。

メルロー、リースリングリオン、ケルナー、マスカットベーリーAなど、紫波町で生産されるぶどうでつくられるワインは岩手の風土に根差した日本ワインです。

> WINE / WEBSOP

紫波町内にあるワイナリーでは工場見学、試飲・販売をおこなっています。

ぶどう畑に囲まれた心やすらぐワイナリーです。どのような場所でワインがつくられているのか、ぜひご自身で体感ください。
ワインがよりいっそう特別なものとなるでしょう。皆様のお越しをスタッフ一同お待ちしております。> OUR WINERY

自園自醸ワイン紫波 製造販売

株式会社紫波フルーツパーク

〒028-3535 岩手県紫波郡紫波町遠山字松原1-11

phone 019-676-5301

直売所営業時間 9:00~17:00

定休日 年末年始

試飲・工場見学無料[大型バス乗り入れ可]


国道396号線沿い「道の駅紫波」奥200M。JR紫波中央駅よりタクシーで約15分。

※道の駅駐車場より奥の道を200m程直進で直売所および工場見学入口になります。

オンワードマルシェ 47クラブ