体験農園

体験工房とは。

農園の全景写真

紫波フルーツパークは、リンゴやブドウをはじめとする果樹農業の盛んな紫波町の東側に位置し、豊かな緑と太陽、そして四季折々のさわやかな風を感じることができる自然環境の中にあります。
 来て頂いた方々の自然とのふれあいの場として、森林散策を楽しんでいただくとともに、園内で栽培されている果物を見て・触れてもらい、紫波町の果樹栽培を体感していただく場として、多目的な農業公園として2004年9月19日にオープンしました。
 園内には、町内で栽培されている果物を栽培し、見て、触れて、体感できる「体験農園」と、町内の原料を使った加工体験のできる「体験工房」さらには、植物観察や散策を楽しんでいただける散策路もあり、自然の中でゆっくりと休めるくつろぎの空間となっております。

 

【お知らせ】 以前おこなっておりましたいちご狩りは現在当園ではおこなっておりません。ご了承くださいませ。





ご案内


園内には、果樹園にはブドウ、サクランボ、約1,000本が植栽されているほか、多くの方々に「フルーツの里紫波」を体感してもらうとともに、園の入り口付近には「ふれあい広場」が整備されており、季節の木の実等を味わう事が出来ます。また、低花木なども植栽しており、ここへ来た方々に、紫波町の自然を感じてもらえる施設となっております。


ガラス温室(235m2)/ビニールハウス(108m2)/管理棟(98.27m2)/農機具庫(76.73m2


(2,250m2
◎植栽品種:12品種130本



紅さやか(5本)/香夏錦(10本)/正光錦(10本)/高砂(10本)/佐藤錦(30本)/紅秀峰(5本)/月山錦(10本)/ナポレオン(10本)/紅てまり(5本)/南陽(20本)/北光(8本)/大将錦(7本)

(6,483m2
◎植栽品種:13品種400本

キャンベル・アーリー/藤稔/紅伊豆/安芸クィーン/ポートランド/ナイアガラ/ロザリオ・ビアンコ/多摩ゆたか

上へ戻る

トップへ | 会社案内 ・ 体験工房 | 体験農園 | ショップ | ワイナリー | お問合せ | リンク